大根やぐら
2023年1月25日 9時30分 by 日髙 真理

宮崎県民ならご存知の方も多いと思います。

「大根やぐら」についてご紹介させて頂きます。

宮崎県宮崎市の田野町、清武町、高岡町などを中心とする地域は、

日本でも有数の加工用(漬け物など)の干し大根の産地として知られる所。

例年12月になると「大根やぐら」と呼ばれる、竹で組まれた巨大な櫓に、

収穫後の大根が干される風景を見ることができます。

大根やぐらは、高さ6メートル、幅6メートルという巨大なもの。

長さ(奥行)は50メートルから大きなものだと100メートルにも及びます。

そんなやぐらに、畑の広さにして30アール分(6m×6m×50mの櫓の場合)の

沢山のダイコンが干されている様はまさに圧巻です。


人の手で丁寧にやぐらにかけて干していきます。

やぐらにかけられた大根は、地元で「わにつかおろし」と呼ぶ

北西から吹く乾いた冬の風によって良い具合に干されていきます。

干し上がりまでにかかる時間は約10日~14日ほど。
これだけの数を干して、干し上がったものを今度は取り込んで、

という手間だけではなく、「雨にぬれるとカビが生える」

「零度以下になって大根が凍ってしまうと品質が落ちる」という理由で

雨や寒さ対策も欠かせない、実に手間ひまかかる作業です。
また、零度以下になると自宅のアラームが鳴るように設定しており、

アラームが鳴ると畑に行き何台ものストーブを付け温かくしています。


高さ約6mにもなる大根やぐらが建ち並ぶ風景は
田野町の冬時季の風物詩。

圧倒されるほどのやぐらを、カラフルにライトアップしたものがこちらになります。



やぐらの中からの光景はより幻想的でした。


1
15(までライトアップされていたようです。
例年通りであれば、また今年の12月中旬くらいにライトアップが始まると思います。

ドライブがてらに見に行ってみてはいかがでしょう。
場所は田野運動公園付近になります。

なお、こうして干し上がった大根は、

たくあん(たくあん漬け)に加工され、全国に出荷されています。

「丹精込めて育てられた大根が、手間暇かけて干され、たくあん漬けになって食卓に上る。」

作られる工程を知ると(一部ではありますが)、美味しさも増す気がします。



※本日1月25日は水曜日のため定休日となります。

店舗は営業しておりませんのでご注意ください。



本日のひと:西(日髙本店 勤務)

====================

日髙本店

TEL 0985-26-1101

mail honten@hidakahonten.jp

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)


日髙本店のInstagramはこちら


*ご来店の際は事前の「来店予約」へのご協力をお願いいたします。

 

 
最近の投稿
カテゴリー
202301
1 2 3 5 6 7
12 14
15 19 21
22 26 28
29
< 12月 2月 >
アーカイブ
リンク集

Copyright(c) 2008-2020 HIDAKA HONTEN CO.,LTD All Right Reserved.