日高本店

日高本店のページです。

TOP > イベント・フェア  > オメガ
イベント&フェア
オメガ


インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた、スピードマスターやコンステレーションをはじめ、月面着陸50周年を記念するムーンウォッチや、007でも話題のシーマスターコレクションを取り揃えております。ぜひこの機会にオメガの世界感や最先端の技術が搭載されたタイムピースの魅力をお楽しみください。

2019 IMPORT WATCH OF THE YEAR

日本時計輸入協会が主催する「インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」にオメガ のタイムピースがトリプル受賞!
インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤーとは?

2013年から日本時計輸入協会が主催している「インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」。輸入時計業界の活性化を目的としており、毎年トレンドや話題性などを加味して、その1年を象徴する輸入時計が選出されるため、業界や時計愛好家からも注目される大会となっている。




2019 インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤーのテーマは?

投票は、日本時計輸入協会公認のウォッチコーディネーター(CWC)資格取得者へのアンケートという形で実施。
「ウォッチコーディネーターがお客様や友人に一番推薦したいモデル」という選定基準を設け、「メンズグランプリ」・「レディスグランプリ」・「一番輝いているブランド賞」の3カテゴリについて、それぞれ1コレクションが選出された。
投票の結果、メンズグランプリにはオメガ の「スピードマスター」、レディースグランプリにはオメガ の「コンステレーション」、一番輝いているブランド賞もオメガ が受賞するという結果になった。
2019 インポート・ウォッチ・オブ・ザ・イヤーで選出されたコレクションの中でも、受賞を決定づけた注目のタイムピースをご紹介!

<メンズグランプリ>スピードマスター
アポロ11号50周年リミテッドエディション
<レディースグランプリ>コンステレーション
”マンハッタン”



スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション

1969年7月21日⁠、ニ⁠ール⁠・ア⁠ームストロングとバズ⁠・オルドリンが月着陸船イ⁠ーグルから降りて⁠、地球以外の世界に足を踏み入れた初の人類となりました⁠。その瞬間から50年を迎えることを記念して⁠、オメガはアポロ11号からインスピレ⁠ーシ⁠ョンを得た世界限定6⁠,969本の新作モデルを製作しました⁠。

宇宙飛行士が月に到達するためには⁠、独創的な技術が極めて重要でした⁠。オメガならではの独創的なデザインで⁠、直径42mmのケ⁠ースにはステンレスステ⁠ィ⁠ールを採用⁠。ベゼルリングはポリ⁠ッシ⁠ュ仕上げのブラ⁠ックのセラミ⁠ック(⁠ZrO2⁠)製で⁠、オメガのセラゴ⁠ールド™技術を使用したタキメ⁠ータスケ⁠ールを備えています⁠



先駆的なゴールド
斬新なデザインのインデ⁠ックス⁠、ベゼル⁠、オメガロゴ⁠、そして針のほとんどすべてに⁠、18K ム⁠ーンシ⁠ャイン™ ゴ⁠ールドを採用⁠。この素材は特許出願中の新しい合金で⁠、従来のイエロ⁠ーゴ⁠ールドより淡い色合いで⁠、退色への耐性が高くな⁠っています⁠。
インスパイアされたトリビュート
ダイアルには⁠、アポロ11号を称える2つの特徴が見られます⁠。11時位置には18K ム⁠ーンシ⁠ャイン™ ゴ⁠ールドで「⁠1⁠1⁠」の数字があしらわれており⁠、さらに目を引くのが9時位置に配されたサブダイアルで⁠、月面に降り立⁠ったバズ⁠・オルドリンを表しています⁠。 18K ム⁠ーンシ⁠ャイン™ ゴ⁠ールドを採用したこのブラ⁠ックのサブダイアルには⁠、レ⁠ーザ⁠⁠ーエングレ⁠ービングで刻印されています⁠

THE OTHER SIDE
小さな一歩⁠!装飾が施されたブラ⁠ックのケ⁠ースバ⁠ックの内側には⁠、月面に残された宇宙飛行士の足跡がレ⁠ーザ⁠ーエングレ⁠ービングで刻印されています⁠。

また⁠、ニ⁠ール⁠・ア⁠ームストロングが残した伝説の言葉が⁠、18K ム⁠ーンシ⁠ャイン™ ゴ⁠ールドプレ⁠ート仕上げのレタリングで記されています⁠。

ケースとブレスレットには、第四世代のスピードマスターのデザインから着想を得た作りになっています。



ムーンウォッチの進化系

新しいオメガ マスタ⁠ー コ⁠ーアクシ⁠ャル キ⁠ャリバ⁠ー3861は⁠、伝説のム⁠ーンウ⁠ォ⁠ッチ ム⁠ーブメントへの仲間入りを果たすべく次の革新的な一歩を踏み出しています⁠。コ⁠ーアクシ⁠ャルと耐磁性テクノロジ⁠ーを採用することにより⁠、マスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ーとして最高水準の精度⁠、計時性能⁠、耐磁性を実現しました。コーアクシャル エスケープメント搭載の手巻きクロノグラフムーブメント。METAS認定のマスター クロノメーター。15,000ガウスの耐磁性能。フリースプラングテンプにシリコン製ヒゲゼンマイ。ロジウム仕上げが施され、ブリッジにストレートのジュネーブウェーブ装飾。
宇宙飛行士キッド

交換用のベルクロストラップも付属。ブラックのコルク製で、金色のマークが付いています。これはアポロ時代の「熱保護カバーバ」に敬意を表するものです

このカバーは、厚いコルクのアブレーターで覆われたガラス繊維構造で、打ち上げられる際に発生する高熱から乗員を保護しました






SPEEDMASTER MOONWATCH ANNIVERSARY LIMITED SERIES
アポロ11号 50周年記念
ステンレススティール & ステンレススティール 
Ref.310.20.42.50.01.001 ¥1,133,000


コンステレーション ”マンハッタン”

インポートウォッチ・オブ・ザ・イヤーのレディスグランプリを獲得したのは、コンステレーション  “マンハッタン”。



このタイムピースは、高い精度と優雅な雰囲気を兼ね備え、1952年のデビュー以来、オメガを象徴するコレクションとなっており、この最新のコレクションは1982年に発表された”マンハッタン”をベースにリニューアルされたもの。サイズ、カラーを含めるとモデル数は101種類にも及び、当時の特徴的なディテールをアップデートし、現代的なエレガンスと知性を感じさせるルックスに昇華させている。



CONSTELLATION オメガコーアクシャル マスタークロノメーター29MM
” マンハッタン ”
セドナゴールド&セドナゴールド Ref.131.55.29.20.55.001



OMEGA(オメガ)とは?

オメガの革新的な時計製造は、オメガの最大の魅力であり、オメガの歴史の基礎を為す要素です。
宇宙探査、スポーツ計時、価値ある組織への支援、世界中で愛されるスパイからもインスピレーションを得て製造されています。世界中の時計愛好家から愛されるオメガの魅力をご紹介いたします。


▶︎オメガのウォッチメイキング


①マスタークロノメーター

新的ムーブメントによってその名声を築き上げてきたオメガ。スイス連邦計量・認定局(Swiss Federal Institute of Metrology:METAS)が認定するテストに合格し、マスター クロノメーターの称号を獲得し、COSC(スイス公式クロノメーター検定局)にも認定されたキャバーを搭載しています。

②2度にわたる認定:METASとCOSC
マスター クロノメーターを手にするということは、1度だけではなく、2度にわたる認定を受けたウォッチを手に入れるということを意味します。スイス クロノメーター検定協会(COSC)の認定を受けたムーブメントを搭載し、METASによる8つの厳格なテストに合格したタイムピースだけがマスター クロノメーターと呼ばれることになるのです。さらに、試験は完全な透明性をもって実施されています。お手持ちのウォッチがMETASによる8つのテストでどのような成績を収めたかを知りたい場合、オンライン上で証明書番号を入力することで 正確な結果を確認することができます。



▶︎オメガと宇宙の関わり


OMEGA AND THE WORLD OF SPACE EXPLORATION

オメガのスピードマスターは、半世紀以上の間、宇宙飛行士や宇宙期間に選ばれ続けているモデルです。


実際にスピードマスターは、宇宙を舞台にした人類の大きな冒険に何度も立ち会っており、19697月に月で着用された最初の時計となって以来、世界で最も有名なクロノグラフのひとつとなっています。

TESTING THE SPEEDMASTER

各メーカーから納入されたクロノグラフに対して、1964年、NASAはまるで時計を壊すことを目的とするかのようなテストを行いました。最後に残った時計は唯一スピードマスターだけだったのです

THEN AND NOW

1998年、ロシアの宇宙ステーション「ミール」は、「オメガ スピードマスター X-33」の軌道上の試験ラボラトリーとして使用されました。この時計は、衛星生中継を通して世界中の人々に紹介されました。2014年、オメガは「スピードマスター スカイウォーカー X-33」を発表しました。スピードマスターが最初に宇宙に行ってから50年が経過した現在も、クラシカルな「ムーンウォッチ」は宇宙飛行士たちから選ばれ続けています。




▶︎オメガとスポーツの関わり



オメガの誇り⁠、オリンピ⁠ック計時の歴史

オメガは1932年以来⁠、28回ものオリンピ⁠ックでオフ⁠ィシ⁠ャルタイムキ⁠ーパ⁠ーを務めています⁠。同様に⁠、パラリンピ⁠ックや2018年のブエノスアイレス大会を含むユ⁠ースオリンピ⁠ックにおいても⁠、素晴らしいパフ⁠ォ⁠ーマンスの数⁠々を記録することを誇りに思います⁠。スタ⁠ートからスコアボ⁠ードまで⁠、すべての競技において⁠、オメガは自身の責務としてあらゆるスリリングな瞬間と結果を正確に捉えてきました⁠。それは我⁠々の挑戦であり⁠、誇り高い名誉でもあります⁠。

オメガ
日髙本店プロショップ 2月13日 (木) ~ 3月13日 (金)