日高時計本店

日高時計本店のページです。

お問い合わせ

TOP > 特集 > HIDAKA HONTEN PREMIUM COLLECTION
HIDAKA HONTEN PREMIUM COLLECTION



− Information −

日髙本店プロショップの希少なタイムピースをご紹介いたします。
どのタイムピースも店頭でお試しいただけますので、ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。




THOMAS PRESCHER(トーマス・プレッシャー)

前職がドイツ海軍という、異色の経歴をもつ独立時計師がトーマス・プレッシャー氏。
スイスのジュウ渓谷東部・ビール湖畔のトゥヴァンに工房を構える。トーマス氏の代表作は複数軸のトゥールビヨンと、彫金工作を駆使した装飾時計。その彫金工作を駆使したタイムピースがTENPUSVIVENDI(テンプスヴィヴェンディ)シリーズだ。細密にエングレーブされた侍の腕や鶴の翼が、レトログラード機構で羽ばたく仕組みとなっている。2つの翼の先端部が、それぞれに時間と分を指す寸法だ。TENPUSVIVENDI(テンプスヴィヴェンディ)シリーズは、高い芸術性を備えたまさに「アート」と言える作品である。


Thomas Prescher

Tempus Vivendi The Samurai


Ref. Samurai


サイズ: メンズ

ケース素材: 18Kホワイトゴールド

ケース形状: ラウンド

ケース径: 43.0

ケース厚: 13.00

重量: 117.00

防水(気圧): 10気圧

ムーブメント: 自動巻き

キャリバー: TV1

ベースキャリバー: ETA 2824 (modifiziert)

ストラップ: レザー

風防: サファイアクリスタ


Samuraiのモデルとなった「宮本武蔵」

宮本武蔵は、1584年に、播磨国の宮本村で生まれました。 武蔵は、長い戦国時代を経て豊臣秀吉が国を統一した動乱の時代に育ちました。武蔵が最初の決闘で勝利したのは13歳のときで、16歳で故郷を去り、剣の道を究めるため、修業の旅に出たのです。60数回の決闘と6つの戦を経験しましたが、負けたことはなく、二刀流の独特な戦闘スタイルと気力と勇気で、武蔵はすでに生前から英雄でした。

 

武蔵の自伝によると、剣の道を完全に究めたのは50歳のときでした。このときに武蔵は九州に移り、1645年に亡くなるまで留まりました。1634年から1643年まで、武蔵は細川忠利の客人として熊本城内に滞在し、剣術を教えたり、絵画や詩歌をたしなんだりして過ごしました。

 

晩年の2年間は、洞窟で隠遁生活をし、有名な「五輪書」を執筆しました。この有名な著作では、剣術と、一対一の決闘における兵法を説いています。この著作が完成したのは、亡くなる数週間前でした。その業績により、宮本武蔵は日本では剣聖と呼ばれています。



Thomas Prescher

Tempus Vivendi The Crane


Ref. Crane


サイズ: メンズ

ケース素材: 18Kホワイトゴールド

ケース形状: ラウンド

ケース径: 43.0

ケース厚: 13.00

重量: 117.00

防水(気圧): 10気圧

ムーブメント: 自動巻き

キャリバー: TV1

ベースキャリバー: ETA 2824

ストラップ: レザー

風防: サファイアクリスタル


クレイン(鶴)

ヨーロッパでは、すでに古代の時代に、鶴は、途中疲れて休むことなく長距離を飛ぶことができるものとして賛美されていました。地中海一帯では、鶴の編隊飛行は予言を司る神の意思の道具と考えられていました。

 

「中華帝国」では、鶴の寿命が並外れて長いことから、末長い幸せな人生を表す神秘の動物となりました - 現世でもあの世でもです。長寿は、人間が達成しうる幸福の一種でした。この幸福が死後も永遠に続くよう願って、歴史的な死装束に鶴の吉祥文様の刺繍が施されることもありました。

 

日本では、「尊敬に値する雄大な鳥」である「ツル」は、島国の王国を表す尊敬され崇拝されているシンボルで、その優雅な美しさと英知が賛美されていました。 長寿の神であるツルは、地と聖なる山の先祖の精霊を結びつけるものと考えられています。







GLASHÜTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)

グラスヒュッテ・オリジナルは、ドイツ東部に位置する街「グラスヒュッテ」で1845年から続く時計製作の伝統と技術を継承している時計メーカーです。旧東ドイツ時代に一つの国営企業となった複数の時計会社は、世界のマーケットから遮断された状況下で、自給自足の時計製作を余儀なくされました。1990年のドイツ統合により、民営化されたグラスヒュッテ・ウーレンベトリーブ社は、ドイツが誇る素晴らしい時計製作技術を継続するために、歴史的な伝統技術と近代のテクノロジーやデザインを融合しました。現在では、時計の設計から組み立てまで、全ての工程を自社工場で行っています。スワンネック・スプリングやネジの1つ1つまで、ムーブメントの約97%を自社で生産おり、「真のマニュファクチュール」といえるでしょう。

グラスヒュッテ・オリジナル パノマティック・ルナ


天体の法則と関係を保ってきた伝統的な時計づくりは、ムーンフェイズをカレンダーの重要な要素として、つねにムーブメントに取り入れてきました。ルネッサンスの頃にはすでに、精巧なポケットウォッチのダイアルをムーンフェイズが彩っていました。星を配したディスクに隆起したミラー仕上げの月が置かれ、このディスクがダイアルの下で回転しながら、月は満ち欠けを繰り返します。「パノマティック・ルナ」はムーンフェイズのみならず、新月からの日数を表す月齢も表示します。


Ref.90-02-05-02-04

ケース径:39.4㎜、厚さ12㎜

自動巻きムーブメント:キャリバー90-02 パノラマデイト

サファイアクリスタルケースバック、ムーンフェイズ表示、3気圧防水



グラスヒュッテ・オリジナル
パノリザーブ

扇形で表示されるパワーリザーブは「パノマティック・リザーブ」のシンプルなオフセンターダイアルを上品にデザインされます。精密な技術を要する高度な機能のパワーリザーブは、時計に蓄えられたエネルギーの量を表示し、ゼンマイを巻き上げる目安になります。
ムーブメントの特徴になっているダブルスワンネック緩急調節装置は、グラスヒュッテ・オリジナルが開発しました。ムーブメントに備わった手作業のエングレービングを施したテンプ受けや、チラネジ付きテンプなどは、目を楽しませるだけでなく、ムーブメントの緩急調整を精密に行う上で非常に高度な機能を持っています。

Ref.65-01-01-01-04

素材:18Kローズゴールド
ケース径:直径39.4㎜ 厚さ11.3㎜
ムーブメント:手巻きキャリバー65-01 パノラマデイト
3気圧防水、サファイアクリスタルケースバック、パワーリザーブ、アリゲーターストラップ、フォールディングバックル