日高本店

日高本店のページです。

TOP > 終了したイベント・フェア (2022年) > ウォッチワンダーランド2022 第4弾 -Special Moment-
イベント&フェア
>>2022  >>2021  >>2020  >>2019  >>2018  >>2017  >>2016  >>2015  >>2014 
ウォッチワンダーランド2022 第4弾 -Special Moment-



第4弾 Special Moment

5月16日(月)〜5月22日(日)

ARNORD&SON(アーノルドアンドサン)・ANGELUS(アンジェラス)
BLANCPAIN(ブランパン)・Breguet(ブレゲ)

英国にルーツを持つ時計作り

18世紀のマリンクロノメーターの発明やその発展において名を馳せたイギリスの時計職人、ジョン・アーノルドの名前を冠したアーノルド&サン。ジョン・アーノルドの偉大な作品からインスピレーションを受け、伝統的な時計職人技を現代的に表現する手法で時計を作り続けています。スイス時計中心の地であるラ・ショー=ド=フォンに工房を置き、デザインから、ムーブメント、時計を自社開発しています。アーノルド&サンは象徴的なコレクションを発表しており、それらはユニークなムーブメント構造を持つTime Pyramid , フルスケルトンムーブメントを搭載するNebula , 最も大きいムーンフェイズの一つが文字盤に表示される HM Perpetual Moon , 立体的なワールドタイマー文字盤が印象的な Globetrotterなどがあります。

伝統を熟知している高級時計マニュファクチュール

アーノルド&サンがこれまでに発表した20個ほどのキャリバーは、姉妹メーカーのラ・ジュー・ペレがすべて考案、設計、開発、機械加工、装飾、組み立て、調整したものです。この独立性と創造性こそ同社にジョン・アーノルドの優れた発明の力が宿っていることの証です。

アーノルド&サンの代表的モデル「Eight-Day」に
ブレスレッドモデルが2022年登場。
8日間のパワーリザーブを備え、ケースや針の洗練された英国デザインがアーノルド&サンの象徴的な作品となっております。

Eight-Day Blue
キャリバー:A&S1016、手巻き
8日間パワーリザーブ、3気圧防水、ステンレススティール
1,936,000

名誉ある遺産

アンジェラスは、スイスのル・ロックルに時計製造メーカーを設立し、シュトルツ兄弟によって設立されました。

過去1世紀にわたって、アンジェラスは、卓越したクロノグラフとマルチコンプリケーション腕時計、長いパワーリザーブを備えたマルチディスプレイトラベルクロック、および目覚まし時計を作成することで高い評価を得てきました。
アンジェラスは、ダイビングモデルの無限の可能性を追求し続けています。U53はスポーツマンらしい、現代的なグリーンの色調を採用しました。深海に潜るための時計として、そのデザインと時計製造のビジョンは、技術的特長とハイレベルな仕上げにより完成されています。

U53

キャリバー:A-300
フライングトゥールビヨン、手巻き
60時間パワーリザーブ
グレート5チタンケース、300m防水
OTDDT.G01A.
ブランパンー1735年スイスのジュラ地方でジャン-ジャック・ブランパンによって創設された、現存する世界最古の高級時計ブランドです。

機械式時計のみを製造し、すべての時計に自社製ムーブメントを搭載するという、スイスでも稀有なマニュファクチュールであり、ただ一人のウォッチメーカーによる一つ一つのムーブメントの手作業での組立て、目に見えない細部にわたるまで完全に手作業で行われる洗練された仕上げなど、スイスの高貴な時計製造の伝統を大切に守ったタイムピースを創作するとともに、常に革新的であることがブランドの特徴として挙げられます。
これまで、世界最小のコンプリートカレンダー ムーンフェイズ、世界初のフライング トゥールビヨン、世界初のモダンダイバーズウォッチを発表するなど、傑出した創造性を示し、時計製造の限界を押し広げてきたことがそれを物語っています。ブランパンは、過去だけでなく未来にも思いを馳せ、伝統と革新を両立しているブランドです。



エアコマンド コレクション
The Air Command collection 伝説のクロノグラフ

ヴィンテージスタイルとブランパンの最新技術を組み合わせたエアコマンド コレクションは、メゾンと1950年代のアメリカ空軍の間に結ばれた歴史を復活させるものです。当時最も人気のあった軍用クロノグラフとして有名な先駆モデルを踏襲した「エアコマンド」は、洗練されたデザインが特徴で、フライバック クロノグラフ機能とカウントダウンベゼルの2 つの独立した計算機能を備えています。

AIR COMMAND エアコマンド
AC02 12B40 63A
キャリバーF388B、自動巻、ケース径42. 5mm、3気圧防水、チタンケース、フライバッククロノグラフ
2,167,000
フィフティ ファゾムスコレクション
Flfty Fathoms collection
定番の進化 チタンG23

新作バチスカーフの特徴の一つは、色。アンスラサイトカラーは、フランスの伝統色の一つ。特徴ある灰色が高級感とスポーティーさを演出します。

Flfty Fathoms BATHYSCAPHE
50001210NAGA
キャリバー1315、自動巻、ケース径43mm、30気圧防水、チタンケース、NATOストラップ

1,353,000
真のジュエリーウォッチの誕生
レディバード カラーズ

レディバード カラーズは、多様性、情熱、喜びなどを象徴するレモンイエロー、タンジェリンオレンジ、ライラック、ピーコックグリーン、ミッドナイトブルー、サテンホワイトの7 色で新たなエレガンスを表現します。ブランパンが誇るサヴォアフェールと最先端技術の融合が生んだ圧倒的な美しさ。それが「レディバード」コレクションです。

レディバードカラーズ
自動巻、ケース径34.9mm、3 気圧防水
ケース:18KRG もしくは18KWG、ダイヤモンドセッティグ 59個(2.0738ct)
ダイヤル:マザーオブパール、ダイヤモンドセッティグ 58個(0.1307ct)
バックル:ダイヤモンドセッティグ9 個(0.0127ct)合計:126 個のダイヤモンドセッティグ(2.217pt)
18KRG ¥3,388,000
18KWG 3,388,000

実用性を備えたマリーンの真骨頂

ラグジュアリーなスポーツウォッチの分野では、クロノグラフ機能は特有なダイヤルがスポーティルックな見栄えを持ち欠かせません。

ブレゲのマリーンクロノグラフは秀逸な美的センスはスモールダイヤルにも見事に発揮されています。ローマ数字を配したチャプターリングの内側の3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、9時位置にスモールセコンドをバランス良く配置しながら、それぞれが大・中・小のサークルを成すように絶妙にアレンジされています。
自動巻きクロノグラフムーブメントは、レマニア製をベースにして長年、ブレゲが改良を重ねてきたCal.582QA。特徴は秒クロノグラフ車に動力を伝える中間車に、LIGA 製法で作った歯車を採用したこと。これによってカップリング時の動力伝達ロスを解消した。

マリーンクロノグラフ5527

自動巻き(Cal. 582QA)、28石、28, 800振動
直径:42.3㎜、10気圧防水
チタンケース、スレートグレーダイヤル
ブラックラバーストラップ、パワーリザーブ48時間
Ref. 5527TIG25WV
2,640,000(税込)


「何度もこの針にじっと目を凝らしてください。あなたにはこの針の動きから私の心臓の鼓動を感じ取って欲しいのです・・・。このクロックがあなたに新たな愛の始まりを打ち鳴らすときが訪れたら、どうか、私たちにとってかくも長い間甘い逢瀬の時となっていた真夜中の零時に思いを馳せてください」

アブランテ公爵夫人
モーリス・バランクールに贈られた「ブレゲ・メカニカル・クロック」に添えられた手紙より。1813

「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称された天才時計師アブラアンルイ・ブレゲは1775年にパリで時計ブランド「ブレゲ」を創業しました。自動巻機構、ミニッツリピーター用ゴング・スプリング、永久カレンダー、ブレゲひげゼンマイ、マリン・クロノメーターといった画期的な機構を開発し、中でも1801年特許を取得したトゥールビヨンは当時の懐中時計の精度を飛躍的に高めました。また機構だけでなく、ブレゲ針、ブレゲ数字、ギヨシェ文字盤、コインエッジなど、ブレゲが生み出したデザインも、現代の多くの時計に用いられています。

ブレゲという天才

アブラアン–ルイ・ブレゲはヌーシャテルで生まれ、職人としての人生の大半をパリで過ごしました。彼は時計製造に関するあらゆる事項を学び、彼の多岐にわたる重要な発明の数々はこのパリを舞台に開花したのです。彼のキャリアは、一連の画期的な機構の発明によって幕を開けます。自動巻機構の開発に成功した「ペルペチュエル」時計や、ゴングを採用したリピーターウォッチ、テンプのテン真を衝撃から守る初の機構「パラシュート」などです。

ルイ16世と王妃マリー・アントワネットは、ブレゲの初期の愛好家でした。ブレゲの工房から誕生する時計には、最新の改良が加えられた独創的なムーブメントが組み込まれており、そこには彼が完成させたレバーやルビー・シリンダー脱進機が用いられていました。
フランス革命が勃発すると、アブラアン–ルイ・ブレゲは革命の騒乱から逃れ、スイスで避難生活を送ることになります。「ブレゲひげゼンマイ」、ナポレオンに販売したブレゲ初の携帯用置時計「キャリッジ・クロック」、「パンデュール・サンパティーク(シンパティック・クロック)」とそれに付随する腕時計、「モントレ・ア・タクト」、そして1801年に特許を取得する「トゥールビヨン」など、その間に発明した多くの機構を携えてパリへと戻りました。
ブレゲはやがて、科学者や軍人、金融家や外交官など当時のエリートたちにとって欠かすことのできない時計師になります。

彼のタイムピースは、ヨーロッパのあらゆる宮廷でも賞賛を浴びました。ブレゲは、最も名声を誇る顧客たちのために特別の時計を製作しました。ナポリ王妃のカロリーヌ・ミュラのために1810年に製作された、時計の進化を2世紀早めることになる最も注目すべき時計、すなわち初の腕時計もそのひとつです。時計製造技術に関する彼の計り知れない貢献を称えて、さまざまな名誉が授けられました。経度委員会のメンバーに選ばれ、海軍のクロノメーター製造者に任命された彼は、ついで科学アカデミーの会員になり、ルイ18世からレジオン・ドヌール勲章を授かるまでになります。

アブラアンルイ・ブレゲが1823年にこの世を去ったとき、科学と芸術の両方において時計の世界に偉大な革命をもたらしたこの人物の死を誰もが悼みました。現在のブレゲは、かつてないほどに革新的な時計を開発する力を蓄え、それがブランドに大きな活力をもたらしています。ブレゲの独創的な時計づくりや天才的な発想が時と共に色褪せることはけっしてありません








ウォッチワンダーランド2022 第4弾 -Special Moment-
日髙本店プロショップ 5月15日 (日) ~ 5月22日 (日)