664件中15件目
PREV 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NEXT
2022年10月5日 9時30分 - コメントは受け付けていません。


これが。


 

こうなりました。


 

 

自然の恵みに感謝です。

 


ここからは上記に至るまでの道のりとなります。↓↓

 

「伊勢海老」を求め青島漁業に!

直売所は10時オープン。

前回下見に行った際は20人ほど並んでいたため、

今回は早めに家を出発し、人も並んでおらず難なく2尾ゲット。

 

そして、久しぶりに青島名物「ういろう」の白と黒をゲット。

ういろうとは、うるち米と砂糖で白、うるち米と黒砂糖で黒となり

柔らかい触感で日持ちも短い青島の名物菓子となります。

 

当社の社長から伊勢海老の情報を入手したこと、

叔母が「伊勢海老が食べたい」と話していたことを母から聞き、

それだったら宮崎の伊勢海老とういろうを福岡に住む叔母の家に

届けに行こうというのがきっかけでした。

 


おがくずに入っていた伊勢海老を取り出し、

早速、手袋を着用し牛刀を手に伊勢海老と格闘しましたが

私には無理だと悟りました。

横で見ていた母がイライラし始めたので素直にバトンタッチ。

買い出しを頼まれ30分後くらいに戻ってくると1尾は刺身と味噌汁、

もう1尾はボイルで完成していました。

 

叔母がとても喜んでくれて、「おいしい、おいしい」と言いながら食べてくれました。

叔母の伊勢海老の食べ方がびっくりするくらいきれいで

気持ちいいくらいに身が残っておらず器用だなぁと思いながら見ていたら、

「(剥いた身を)食べていいよ」と言われたので・・・・

私は手を汚さないまま、美味しく伊勢海老をいただくことができました。笑



伊勢海老をはじめ、お寿司と手羽元とモモ肉のから揚げ。

これがまた超絶美味なのです!

 

大切な家族とともに旬のおいしい食べ物を味わうことで自然と笑みがこぼれ、

みんながキラキラキラキラ。

買ってよかった、行ってよかった、そんな大切な日となりました。

 


旬だからこそおいしかったり、素敵に感じたりすることがいっぱいあると思います。

今から徐々に深まっていく「きらめく 秋」を探してみてはいかがでしょうか。




※本日10月25日は水曜日のため定休日となります。

店舗は営業しておりませんのでご注意ください。



本日のひと:清水良平(日髙本店プロショップ 勤務)

====================

日髙本店プロショップ

TEL 0985-26-1102

mail h-info@hidakahonten.jp   

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)

日髙本店プロショップインスタグラムはこちら。


*ご来店の際はできるだけ事前の「来店予約」にご協力をお願いいたします。


2022年10月4日 9時30分 - コメントは受け付けていません。

リフレッシュする為に色々旅路を模索しているのですが、

予約までしっかりしているのに、いろんな事情で行けなくなる事ってありますよね。

今回は、予定したのに行けなかった旅行(四国松山の道後温泉編)のスケジュールを紹介します。

 

宮﨑から高速を使って3時間、フェリー乗り場に到着。

出向まで小休止して、フェリーで1時間ほど揺られて港に到着。

松山の道後温泉を下道で目指して、約3時間弱で到着して、道後温泉の町を散策。

道後温泉地元の居酒屋で外食をして、ホテルで温泉に入り就寝。

翌日には、松山城へロープウェイを使って行き、お土産屋さんを巡り、

午後2時には港に向けて出発。

途中の道の駅に寄り、地元の食材を見て、夕方港に到着。

フェリーに揺られ、19時に港に到着して、高速で宮崎まで…22時には到着の予定。

 

結構弾丸ツアー的なハードスケジュールではありますが

楽しい時間を過ごすはずでした。

※今回は残念ながら台風の影響で遭えなく断念しました。

 


ここで、私の便利ツール『ウィキペディア』で、道後温泉を検索すると…

道後温泉(どうごおんせん)は、四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。

日本三古湯の一つといわれる。

その存在は古代から知られ、万葉集巻一にも見える。

なおかつてはこの周辺が温泉郡(おんせんぐん)(湯郡)と呼ばれていたが、

これはこの温泉にちなむ地名である。

夏目漱石の小説『坊つちやん』(1905年)にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地となっている。

20078月に地域団体商標(地域ブランド)として認定された

(申請者は道後温泉旅館協同組合、登録商標第5071495号)。

道後温泉街はその中央にある道後温泉本館を中心としている。

本館自体が観光施設であるが商店街なども観光客で賑わう。

温泉本館前から、市内電車の道後温泉駅まで、L字型に道後温泉商店街があり、

土産物店や飲食店などが軒を連ねている。

L字の角のところに、椿の湯がある。

こちらも共同浴場であるが、料金も本館より安く、地元の人の利用が多い。

市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、

坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。

駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。

・・・・などなど。


 

いやー、道後温泉行きたかったです!

昔の建造物や、昭和の佇まい、異国情緒(国ではないですが、宮﨑とは違う街並み)には、

とても心惹かれます。

また、タイミングを合わせて、四国松山道後温泉の旅を企画したいと思います。

いずれはこの旅行…実際に行ってきました!の、報告をご期待下さい。

 

それでは、良い10月をお過ごし下さい。



本日のひと:緒方(日髙本店プロショップ 勤務)

====================

日髙本店プロショップ

TEL 0985-26-1102

mail h-info@hidakahonten.jp   

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)

日髙本店プロショップインスタグラムはこちら。


*ご来店の際はできるだけ事前の「来店予約」にご協力をお願いいたします。


2022年10月3日 9時30分 - コメントは受け付けていません。

先日、婚約指輪の接客をさせていただいたのですが、

彼女さんがまさかの19!!(年齢が私の1個下です。)

もうそんな歳なのか(?)と呆然としてしまいました。

 

私は結婚することに憧れはありますが、

色々なことを考えるとまだまだ結婚は現実的ではありません(笑)

(そもそも結婚できるのかという話なんですけどね。)

 

しかし、このお仕事を始めてから「いつかこんな婚約指輪をもらいたいな。」と

思った商品をご紹介させていただきたいと思います。

  

 

こちらは、FOREVER MARKの婚約指輪です。

大きくて綺麗なダイヤモンド1石の両隣に

小さなメレダイヤモンドが2石ついているデザイン。

 

ダイヤモンド1石のみのシンプルな婚約指輪とは雰囲気が全く変わり、

華やかでとても可愛いですよね。

私は、シンプルなデザインより可愛らしいデザインが好きなので、

こちらのデザインがとてもお気に入りです。

 

結婚記念日にこちらの婚約指輪を着けてお食事に行けたら素敵ですよね

 

 

 

 

こちらもFOREVER MARKの少し変わったデザインの婚約指輪。

大きくて綺麗なダイヤモンドの両隣に、何やら赤くて綺麗な石が2石入ってますね

 

実は、ルビーが入った婚約指輪なのです!

 

婚約指輪といえばダイヤモンドというイメージが強いかと思いますが、

周りと被らない特別感のある婚約指輪がほしい方や、

ルビーは7月の誕生石のため、7月が誕生日の方にもおすすめです。

 

ダイヤモンドのみの婚約指輪よりも、華やかでとても心を惹かれるデザイン。

 

私も、初めて見たときはあまりの可愛さにびっくりしました。

こういった特別感のある婚約指輪をもらえたら素敵ですよね。

 

 

 

FOREVER MARKは、ダイヤモンドの品質や社会的な美しさもこだわっている

素敵なブランドです。

ぜひ、店頭でお試しください。



本日のひと:斉藤(日髙本店 勤務)

====================

日髙本店

TEL 0985-26-1101

mail honten@hidakahonten.jp

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)


日髙本店のInstagramはこちら


*ご来店の際は事前の「来店予約」へのご協力をお願いいたします。

  


2022年9月30日 9時30分 - コメントは受け付けていません。

突然ですが自分の名前のルーツを皆さんご存じですか?

今回は名前の中でも苗字についてクローズアップしていきたいと思います。


というのも私自身珍しい苗字の為、良い意味でお客様から覚えて頂きやすいのですが、

反面間違われることもしばしばあり、良く聞かれるのは出身はどちらですかというもの。

自分の名前のルーツはどこなのだろうと興味を持ち何度か検索したこともあります。


 

 

日本の苗字ランキングでは佐藤さん、鈴木さん、高橋さんなどが常に上位を占めていますよね。

私の苗字はというと・・・48,711位で全国に40人ほどでした。

微妙な順位です(笑)

 

そして珍しい名字ランキングを見てみたところ

1位 竈門さん (かまど、かまかど)

2位 左衛門三郎さん (さえもんさぶろう)

3位 不死川さん (しなずがわ、ふじがわ)

 

 

となっており、どの名字も全国に10人ほどだそうです。

 

さすが珍しい名字ということで上位3つの名字は私の周りにはおりませんが、

全国にはまだまだ珍しい名字やご当地の苗字もありとても面白いです。

 

また同じ名字でも、場所によって呼び方が違ったり反対に同じ呼び方でも漢字が違ったり。

または地域性があったりととても面白いです。

宮崎は黒木さん・甲斐さん・河野さんが上位3位を占め、

日高さん・佐藤さん・長友さんと続きます。

頷けますよね(^^)

実は、県内の5位以内に全国で50位より上の姓が登場しないのは沖縄を除いては宮崎だけで、

かなり珍しいのだそうです。

 

なぜ宮崎にはダントツで黒木さんが多いのか・・・

江戸時代、厳しい年貢取り立てに代わる収入源として、

都会の人口増加で街が拡大するなどで、需要が高まった木材を、

真っ直ぐで良質な宮崎の「黒木」ブランドが大活躍したなど

諸説あるようですが全国の黒木さんの半数以上が宮崎にいらっしゃるそうですよ!


自分自身調べていくとどんどん沼にハマりそうになりましたが、

皆さんも気になりましたら調べてみると面白いかもしれません。

そして新しい情報がありましたら是非教えてくださいね!

 


本日のひと:瀧頭(日髙本店プロショップ 勤務)

====================

日髙本店プロショップ

TEL 0985-26-1102

mail h-info@hidakahonten.jp   

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)

日髙本店プロショップインスタグラムはこちら。


*ご来店の際はできるだけ事前の「来店予約」にご協力をお願いいたします。


2022年9月28日 9時30分 - コメントは受け付けていません。

台風が過ぎ去って、一気に秋らしくなってきた今日この頃。

皆様、季節の変わり目ですがお元気にお過ごしでしょうか。

 

突然ですが、先日 本を読んでいて素敵だなと思った言葉をひとつご紹介致します。

 

「朝起きたらまずピアスをひとつ」

 

気分が乗らない朝も、調子が悪い朝も、辛い朝もまずは鏡の前でピアスをつける。

そうすると、どんな日でもスイッチが入って一日を頑張れる。

とっても素敵な習慣だと思いました。

 

ピアスは耳につけるジュエリーなので、顔まわりをパッと明るく華やかに見せてくれます!

私はピアスホールを開けていないので、先日購入したパールのイヤリングで……!

 

 

日髙本店の大先輩方も、私に元気がないと「何か着けなさい!」とおっしゃいます。

ジュエリーを着けると、確かに背筋も気持ちも少し真っ直ぐ背伸びしたような心地が!

 

落ち込む日はちょっと元気に……!普通の日はちょっといい日になるように!

ジュエリーの力を借りてみるのもよいかもしれません!!

 

(こちらはいつか欲しい、ダイヤモンドのスタッドピアスです!)

 

それでは、季節の移ろいの中で体調を崩されませんよう……。

また、先の台風の被害に遭われた方々の、1日も早い日常の回復をお祈りしております。

 


 

※本日9月28日は水曜日のため定休日となります。

店舗は営業しておりませんのでご注意ください。



本日のひと:山口(日髙本店 勤務)

まずはピアスホールを開けるところから!

====================

日髙本店

TEL 0985-26-1101

mail honten@hidakahonten.jp

※2022年6月より毎週水曜日は定休日となります。

(水曜日が祝日の場合、前日の火曜日が定休となります)


日髙本店のInstagramはこちら


*ご来店の際は事前の「来店予約」へのご協力をお願いいたします。

 

664件中15件目
PREV 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NEXT
 
最近の投稿
カテゴリー
202210
1
2 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
< 9月
アーカイブ
リンク集

Copyright(c) 2008-2020 HIDAKA HONTEN CO.,LTD All Right Reserved.