HIDAKA BLOG
201504
1件中11件目
PREV 1 NEXT
2015年4月26日 20時02分 - コメントは受け付けていません。



〈 Breguet Watch Collection 〉 


ブレゲの始祖であり、革新者であるアブラアン-ルイブレゲの意志いだ代ブレゲの

械式時計ではタブとされた磁の力を利用し、
重力に強く抗い、高い耐衝撃性能を実現したモデルが遂に登場しました。


18末から19の初にかけて、ブレゲの創業者アブラアン–ルイブレゲによって、時計調は重力の影軽減し、れた耐衝撃性を手に入れました。

「トゥルビヨン」と「パラシュト」機構の2つがそうです。

代のブレゲも創業者アブラアン–ルイブレゲの革新精神を受けいでおり、『クラシック クロノメトリー 7727』がそれを体現しています。



ブレゲが2012年にプロトタイプを公開した『クラシック クロノメトリー 7727』。


毎時72000振動の超ハイビートに加えて、ヒゲゼンマイと脱進機にシリコンを採用しています。シリコンの持つ耐磁性があるからこそ、天真の軸受けに磁石を用いてテンプを支える「マグネティック・ピポット」を備えた革新的なモデルが誕生し、遂に2013年市販化となりました。

 


「クラシック クロノメトリー」には、ブレゲが精通するシリコン素材の技術により、ダブルヘアスプリング(二重ひげゼンマイ)やアンクル、ガンギ車などがすべてシリコン素材で作られ、理想的な精度を得るのに必要な振動数10Hz(7万2000振動/時)という超高速振動が実現されているのです。


しかも高速振動テンプでありながら、香箱に蓄えられた主ゼンマイの動力とシリコン素材による高品質の調速脱進機のおかげで、60時間ものパワーリザーブを確保しています。




 

[ ブレゲの革新 ]

Magnetic Pivot (マグネティック・ピボット)

 

「クラシック クロノメトリー」の最も重要な革新は、『マグネティック・ピボット』にあります。


レゲは、マグネティック・ピボットによって時計に悪影響を及ぼす磁気を自在にコントロールし、テン真の軸位置や回転と安定性を改善するために磁気を利用しているのです。 

 

テン真の端の受けに力な小型のマイクロマグネットをみ、テン真がつねに受けの中心にくるように自動調整される安定システムを開発しました。

 

こうした人工的な引力で保持されるテン真は、時計のさまざまな姿に影されることはなく、は一定の状を保ちます。


 

  

横方向から衝撃が加わってテン真が中心からずれたとしても、この機構がパラシュ衝撃装置のようにき、テン真を元の位置にします。

その結果、テンプは重力の影響を受けず、より安定し衝撃にも耐えるものになりました。これらの革新的な技術により「クラシック クロノメトリー」は、日差の平均が-1/+3秒の精度を実現し、COSC認定クロノメーターの基準をも凌ぎます。

 

 


Classique Chronométrie 7727
クラシック クロノメトリー 7727


ケース     :径41mm、18KRGケース

ムーブメント  :手巻き、キャリバー574DR

パワーリザーブ :60時間

ストラップ   :レザーストラップ

ケースバック  :シースルーバック

防水性能    :3気圧防水

ダイヤル    :5時位置にパワーリザーブインジケーター
         12時位置にスモールセコンド
         1時位置に10分の1秒カウンター






1件中11件目
PREV 1 NEXT
 
201504
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
27 28 29 30
< 3月 5月 >
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿
リンク集

Copyright(c) 2008-2010 HIDAKA HONTEN CO.,LTD All Right Reserved.