日高時計本店

日高時計本店のページです。

お問い合わせ

TOP > ワールドウォッチフェア2017 複雑機構搭載ウォッチ



複雑機構搭載ウォッチ
Tourbillon(トゥールビヨン)


































複雑機構①Tourbillon(トゥールビヨン)

トゥールビヨンとは、
1800年頃に、天才時計技師アブラアン-ルイ・ブレゲによって、発明された複雑機構。 姿勢差によって、誤差が変化するという機械式腕時計の弱点を克服するために、機械自体を回転させる事によって、姿勢を平準化しています。アブラアン-ルイ・ブレゲは、重力こそ時計ムーブメントの規則性の敵であるという仮説のもと、装着時の腕時計の姿勢が変わるごとに、重力によって計時の調整に変化が生じると考えていたのです。人類のあらゆる活動に付き物のこの重力の問題を解決するべく、時計製造の巨匠は、1分間で1回転する可動キャリッジの内部に、脱進機全体(つまり、テンプとゼンマイ、レバーとガンギ車、最も重力の影響を受けやすい部品)を格納するという発想を思いつきました。こうして、すべての不具合は規則的に繰り返されるために相互に相殺し合うこととなり、さらには、軸受内でテンプが回転することによって接点が持続的に変化することで、注油も改善されました。



複雑機構①パラシュート


パラシュートとは、

パラシュートの名前で知られる耐衝撃吸収機構はブレゲの最も有名な発明のひとつです。テンプの軸は極めて細いため、時計が衝撃を受けた時に軸は致命的な損傷を受けることになるそうした観察を起点として、ブレゲはそれを防ぐ方法を考案しました。受け皿状の部品を、バネを配した台に載せ、テンプの軸を効率的に守るパラシュートは、現代のインカブロック機構およびあらゆる衝撃吸収装置の元祖です。








〈 WWF2017 特別出展ブランド 〉


HAJIME ASAOKA
ハジメアサオカ
ANGELUS
アンジェラス
PARMIGIANI FLEURIER
パルミジャーニー・フルリエ

URBAN JURGENSEN&SONNER
ウルバン ヤーゲンセン
ZEITWINKEL
ツァイトヴィンケル
OSSO ITALY
オッソ イタリー


〈 WWF2017 出展ブランド 〉


Cartier
カルティエ
Breguet
ブレゲ
BLANCPAIN
ブランパン
OMEGA
オメガ
TAGHeuer
タグ・ホイヤー
PANERAI
パネライ
BREITLING
ブライトリング
GrandSeiko
グランドセイコー
Arnord&Son
アーノルド&サン
CARL F.BUCHERER
カールF.ブヘラ
MAURICE LACROIX
モーリスラクロア
MONTBLANC
モンブラン
CHANEL
シャネル
BOUCHERON
ブシュロン
FRED
フレッド
CENTURY
センチュリー
CREDOR
クレドール
ASTRON
セイコーアストロン
OCEANUS
オシアナス
G-SHOCK
ジーショック
E-NO'S
イーノス
CITIZEN
シチズン
etc...